奈良に残る町家などの伝統的な建物。先人の知恵や暮らしの工夫、美しい町並み。地域に根ざした「現代の町家」づくりを目指しています。

元興寺境内を中心とする奈良町は、中世に成立した門前町を中心に江戸から明治にかけて栄え、  

町家は完成された町人の住まい、商いの場として継承されてきました。  

奈良町に開発の手が入らなかったことが幸いし、近年まで江戸から明治に建てられた町家が多く残り、

伝統的な町並みを形成していました。  

しかし、町家はまだまだしっかりとした構造体や様々な魅力を残しているにも拘らず、    

町家はどんどんその姿を消し、伝統的な町並みも失われつつあります。  

現在の生活様式に合わない個室化、水・光・温熱・音環境など、防災重視の考え方や改修コストの考え方、

歴史的な建物が教えてくれる木の良さや木造の良さが周知されていないことが大きな理由と考えます。  

一方、町家を再生・再活用しようとする動きも出てきました。
  

 メリハリのあるデザイン  
  

 環境共生・素材の考え方
  

 お洒落な住まい方や商い
  

 新しい住宅設備
  

また、奈良町に多くの寺社があることが伝統的な景観に大きく寄与しています。  

文化財などの歴史的に価値のある建物の保存修理の活動も重要と考えています。